NCsoft、「リネージュ M」 韓国の成果を日本も引き継ぐ。日本サービス開始に意欲
●発売日カレンダー
・18年 11月 20日 [PS4] Battlefield V
・18年 12月 20日 [PS4] ドラゴンクエストビルダーズ2
・19年 1月 25日 [PS4] キングダム ハーツ III
・19年 1月 17日 [PS4] エースコンバット7対応フライトスティック for PS4
« 韓国、7月 30日 大規模アップデート 「FAFURION & BLOODY / Secret of Empire」 | トップページ | 韓国ライブ、7月 30日大規模アップデートの事前情報を公開 »

2018年7月17日

NCsoft、「リネージュ M」 韓国の成果を日本も引き継ぐ。日本サービス開始に意欲 [ モバイル関連 , 情報・ニュース等 ]  

●エヌシージャパンの司令塔に本社の専務を立てて現地化主力

NCsoft が、日本のモバイルゲーム市場攻略を本格的に始動させる。
モバイルゲーム 「リネージュ M」 で得た韓国での成果を、日本でもそのまま
引き継げる様に、NCsoft は人力再編から地盤を固めている状態だ。

デイリー韓国





NCsoft はモバイル MMORPG 「リネージュ M」 を、年内に日本でサービスする予定だ。

リネージュM は去年 6月、韓国のサービス開始に引き続き、
12月には台湾に進出して、両大マーケットを席巻する気炎を吐いた。

リネージュ M は、韓国サービス開始以後、GooglePlay 最高売上 1位を維持しており、
1年間の累積売上だけでも、1兆 4000億ウォンを超えている事が知られている。

これは韓国モバイルゲーム史上最高の実績であり、
グローバル市場でも指折り数える程度の実績だ。


台湾では、現地パートナー社ガマニアを通じて、去年 12月から本格的なサービスを始めた。
原作 PC オンラインゲーム 「リネージュ1」 が変わらず生きている台湾では、
「リネージュ M」 はサービス開始前から話題を集めて、市場を席巻した。


NCsoft の新しいターゲットである日本は、現地パートナーを通じず、
エヌシージャパンを通じて直接サービスを行う。

エヌシージャパンは日本で NCsoft の PC オンラインゲームである、
「リネージュ1」,「リネージュ 2」,「アイオン」,「ブレイドアンドソウル」 などを
現在サービスしており、ノウハウを積んでいる為という認識だ。


特に、日本は韓国と台湾に引き続き、
原作リネージュの IP(知識財産権)が生きている国の中の 1つだ。

現在も PC オンラインゲーム 「リネージュ1」 がサービスされている国であり、
リネージュ M に対する期待感も高い国の 1つだと見られている。



去年の日本モバイルゲーム市場規模は、約 9兆8000億ウォン(約 9600億円) 水準と推算されており、
iOS 中心に発達した日本モバイルゲーム市場は、
韓国モバイルゲーム市場(約 5兆ウォン)と比べて、 2倍の水準だ。

リネージュ M が、日本で韓国の成果をそのまま引き継げる事になれば、
NCsoft はその間、新作の不在に対するリスクも全て終息する事になる。



リネージュM の日本市場進出に対するキー人物は、
キム テクホン NCsoft 副社長(エヌシージャパン代表取締役)と、
2人の NCsoft パブリッシングセンター長(専務と常務)だ。

NCsoft は日本モバイルゲーム市場を主要目標にする為に、
今年初めエヌシージャパンの司令塔に、専務のパブリッシングセンター長を当てた。

既存専務が引き受けていた Ntreev Soft の代表は、
常務のパブリッシングセンターが担当する事になっており、
キム テクホン副社長がアジア・太平洋ビジネス総括を引き受けながら、
日本市場はパブリッシングセンター長専務が役割を担う事になる。

NCsoft は リネージュ M の莫大な韓国成果を土台に、
既存の開発中心を脱皮して、事業部中心へと再編されたのだ。


また、キム・テクジン NCsoft 代表も、これに更なる力を加えている。
去る 5月 15日、2年 6ヶ月ぶりに公式場へと姿を現したキム・テクジン代表は、
リネージュ M が原作とは別途の IP として育成し、独自の道を歩くと宣言した。

これは、リネージュ M が事業部と有機的な構造となって、
サービスをしていくという意味だと分析される。


当時、キム・テクジン代表は、
「リネージュ M は、原作 PCオンラインゲーム リネージュ1 との結合を念頭に置いて、
 サービスを開始したが、予想と期待値に対する完璧な超越が発生して、
 リネージュ M だけの独自的な道を歩けると確信できる様になった」 と語った。


リネージュ M の日本サービスについて、NCsoft 関係者は、
「リネージュ M は韓国版とは異なり、日本版として別に作成されている。
 サービス開始初期、今年の年末には日本市場へと進出する計画だと明らかにしたが、
 現在リネージュ M の日本サービス日程は、確定されてない状態だ」 と明らかにした。

投稿者 (む) : 2018年7月17日 01:02

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :Anonymous(匿名による投稿): 2018年8月22日 20:56 ID: ZhDqyNeU [RES]

直営は不安ね・・・


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまでそのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る