NCsoft、モバイルパブリッシング事業 拍車
●発売日カレンダー
・18年 11月 20日 [PS4] Battlefield V
・18年 12月 20日 [PS4] ドラゴンクエストビルダーズ2
・19年 1月 25日 [PS4] キングダム ハーツ III
・19年 1月 17日 [PS4] エースコンバット7対応フライトスティック for PS4
« NCsoft、開発費 30億ウォンのソフトウェア無料配布!その理由 | トップページ | あなたがプレイしたいリネージュ2 アンケートに運営が追記 »

2013年7月20日

NCsoft、モバイルパブリッシング事業 拍車 [ モバイル関連 , 情報・ニュース等 ]  

売上 : 7,535億ウォン
営業利益 : 1,513億ウォン
当期純益 : 1,537億ウォン

韓国内最大ゲーム会社である NCsoft の、去年実績だ。
こんな中、この会社は最近モバイルゲームパブリッシング事業者として、
変身を試みている。
欲心より成長の為の選択という点で、その結果の帰趨が注目される。

gamespot





19日、関連業界によれば、韓国内オンラインゲーム事業の代表走者に評価を受けた NCsoft が、
モバイルゲーム事業に強いドライブを掛けた事が知られた。


NCsoft は去る 4月 29日、モバイルゲーム開発組職を 「モバイルゲーム開発センター」 に拡大改編し、
ペ・ジェヒョン副社長を総括責任者に任命しながら、モバイルゲーム事業へと本格的に参入した。

この様な組職改編と共に、Blade&Soul 等を成功させたペ・ジェヒョン副社長を
モバイル事業総括に任命した事は、モバイルゲーム事業を無条件成功させるという覚悟と見られる。


現在 NCsoft は、日本モバイルゲーム市場にも進出した状態だ。
この会社は日本代表モバイルゲーム会社 GREE と共に、
ソーシャルゲーム 「リネージュ The Second Moon」 の日本正式サービスを開始した。

また、NCsoft は自社の代表 IP 「Blade&Soul」 等を、
トレーディングカードゲーム(TCG)としてサービスするという計画も伝えられている。


これだけでは無い。
NCsoft はモバイル子会社ホットドッグスタジオの自体開発作と共に、
モバイルゲームパブリッシング事業にも腕を捲り上げた。
現在、約 2 ~ 3種類のモバイルパブリッシングゲームを確保していると発表されており、
これら作品は、下半期から順にサービスするというのが、会社側の説明だ。


また、NCsoft は新しいモバイルゲーム発掘にも積極的だ。
複数の専門家は、NCsoft が中小モバイルゲーム会社を探し回り、
パブリッシング事業説明に出ていると説明した。

これは、ラインナップを確保するためだ。

一部中小ゲーム会社は、NCsoft のモバイルゲーム事業拡大に対して、
肯定的な反応を見せている事も知らされた。


NCsoft は 「リネージュ シリーズ」,「アイオン」,「Blade&Soul」 等を通じて、
韓国代表オンラインゲーム会社として成長して来た。
ネクソンと共に、地元ゲーム会社の自尊心と呼ばれる NCsoft が、
モバイルゲーム事業にて、再びホームランを放つ事が出来るかが観戦ポイントだ。

NCsoft 関係者は、
「下半期は、準備中のモバイルゲームをサービスする事が目標だ。
 自体開発と、モバイルゲーム子会社ホットドッグスタジオの協力、
 モバイルパブリッシング事業まで、多様なチャンネルで事業拡張に出る計画」 と伝えた。

投稿者 (む) : 2013年7月20日 11:22

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :Anonymous(匿名による投稿): 2013年7月21日 02:06 ID: /KdjGy8. [RES]

プレイヤーに利益還元してほしいが・・・


2 :Anonymous(匿名による投稿): 2013年7月21日 10:56 ID: t8j/tEI2 [RES]

↑ またこの手のコメントが続くのか?


3 :Anonymous(匿名による投稿): 2013年7月21日 21:08 ID: nSSpX4fc [RES]

三年くらい、いや5年10年遅いだろ
いまさらモバイルって


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまでそのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る