●発売日カレンダー
・10月 27日 [Switch] スーパーマリオ オデッセイ
・12月 1日 [Switch] Xenoblade2(ゼノブレイド2)
・12月 21日 [PS4] 大神 絶景版
・18年 2月 15日 [PS4] 聖剣伝説2 シークレット オブ マナ

2009年5月30日

Windows XP/2000 DirectX に新たな脆弱性[ 情報・ニュース等 ]

Windows XP/2000 の DirectX に新たな脆弱性が発見されました。

Microsoft DirectXに新たな脆弱性が見つかる(ITmedia)
Windows XP&2000のDirectXに脆弱性。
PCが悪意の第三者から操作される危険あり(4Gamer)

この脆弱性は DirectX の機能「DirectShow」を使用しており、
悪意のあるQuickTimeファイルが再生されると、
ウイルス等が自動的に実行されてしまう恐れがあります。

回避策は、マイクロソフトのサポートで詳しく説明されていますので、
そちらを参照してみて下さい。

こちら(マイクロソフト)

なお、現在マイクロソフトでは、脆弱性の調査を進めており、
時期にWindowsUpdate等で修正パッチが配布される予定です。

投稿者 (む) : 01:06 | コメント (6)

2009年5月17日

【緊急】「JSRedir-R」(通称GENOウイルス)蔓延[ 情報・ニュース等 ]

現在、インターネット上にて新たな脅威となるウイルス
「JSRedir-R」(通称GENOウイルス)が蔓延しています。
このウイルスは、Flash Player及びReader/Acrobatの脆弱性を
利用しているらしく、感染するとID、パスワード等の個人情報が
流出する恐れがあります。

このウイルスに感染してしまった場合、
Windowsをクリーンインストールするしか駆除方法はありません。

まず、以下のまとめサイトを確認し、
自身がウイルスに感染していないか確認して下さい。

同人サイト向け・通称「GENOウイルス」対策まとめ(atwiki)

XP/Vista共に確認方法が違いますのでご注意下さい。

万が一感染していた場合、記述に従って対処し、
更なる感染、被害に合わない様に対処して下さい。

運良く感染していなかった場合は、各種ソフトウェアの
更新、WindowsUpdate、JavaScriptの停止など、
まとめWikiの「感染前の対策」に従って対策を行って下さい。

関連記事:新たな「Webウイルス」が猛威、感染被害が急増(ITpro)

投稿者 (む) : 03:01 | コメント (5)

2009年5月15日

adobe Reader/Acrobat 脆弱性を修正するアップデート公開[ パソコン関連 , 情報・ニュース等 ]

深刻度「最高」の脆弱性を修正するReader/Acrobatのアップデートを公開(Yahoo!)

5月始めに発見されたadobe reader/Acrobatの脆弱性が修正され、
アップデートが公開された様です。

アップデートの適用は、reader/acrobatを起動し、
「ヘルプ」にある「アップデートの有無をチェック」をクリックする事で、
オートアップデートする事が出来ます。

reader/acrobatをインストールしている方は、
忘れずにアップデートしておきましょう。

関連:Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性((む)ぶろぐ)

投稿者 (む) : 18:38 | コメント (0)

2009年5月 4日

XPやVistaを極限まで軽くする! 19のチューニングテク[ パソコン関連 , 情報・ニュース等 ]

教えて君.netにて、XPやVistaを軽くするテクが紹介されています。

XPやVistaを極限まで軽くする! 19のチューニングテク(教えて君.net)

UltimateDefragは良く使うデータをHDDの外周にデフラグする為、
リネージュ2 のデータの読み込みが早くなる可能性があります。

その他ソフトウェアやハードウェアでのOSを軽くする為の
テクニック(?)が満載ですので、興味のある方は
一度観覧して見ては如何でしょうか?

投稿者 (む) : 01:38 | コメント (4)

2009年5月 1日

Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性[ 情報・ニュース等 ]

Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性が発見されました。
現時点ではこの脆弱性を修正するパッチは配布されていません。

Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性(impress)

この脆弱性を使用されると、任意のコードを実行する事が出来る為、
ウイルスの媒介として使用される可能性があります。

脆弱性は、Reader/Acrobat のJavaScript機能をOFFにする事で
緩和する事が出来る様なので、ソフトをインストールしている方は
ソフトを起動してJavaScriptをOFFにしておきましょう。

●Adobe Readerの場合

メニューの「編集」→「環境設定」→「JavaScript」を選択し、
「Adobe JavaSciprtを使用」のチェックを外して「OK」を押す。

投稿者 (む) : 19:48 | コメント (0)