NCsoft 2017年 1分期実績発表、PC ゲーム利益下落するもモバイル利益は大飛躍
●他サイトヘッドライン
« MSE や Windows Defender のエンジンに脆弱性、早急にパッチ適用を | メイン | 【緊急】ランサムウェア 「WannaCrypt」 が世界中で猛威、個人 PC も対策を »

2017年5月13日

NCsoft 2017年 1分期実績発表、PC ゲーム利益下落するもモバイル利益は大飛躍 [ 情報・ニュース等 ]

NCsoft は 11日、2017年 1分期実績発表を通じて、売上 2395億ウォン、
営業利益 304億ウォン、当期純益 174億ウォンを記録したと明らかにした。

前年同期対比売上は 1%,営業利益は 60% 減少して、当期純益は 74% 減少した。
前分期対比売上,営業利益,当期純益は、それぞれ 16%,70%,74% 減少した。

NCsoft は 1分期、オンラインゲームの売上下落と人件費の増加により、
期待以下の成績を記録したが、モバイルゲームサービスと IP 提携事業による
ロイヤルティ売上が大幅に増加しており、この流れは今後も続く見込みだ。

NEWSNGAME





地域別の分期売上は、以下の通りだ。

 - 韓国 1276億ウォン
 - 北米、及び、ヨーロッパ 283億ウォン
 - 日本 106億ウォン
 - 台湾 95億ウォン

製品別の分期売上は、以下の通りだ。

 - 「リネージュ1」 515億ウォン
 - 「リネージュ2」 184億ウォン
 - 「アイオン」 133億ウォン
 - 「ブレイドアンドソウル」 446億ウォン
 - 「ギルドウォーズ2」 142億ウォン


「リネージュ1」 と 「アイオン」 の 1分期実績は、前年同期、及び、前分期対比減少した。
これはプロモーションが前年の 4分期に集中されており、季節的要因の為だと会社側は説明する。

一方、ブレイドアンドソウルの売上は、韓国における基本無料化転換と、
北米、及び、ヨーロッパのアップデート効果により、前分期対比 13% 上昇した。


PC オンラインゲームの売上は下落傾向を見せたが、モバイルゲーム事業部門は成長した。
1分期のモバイル、及び、カジュアルゲーム売上は 340億ウォンとなっており、
これは去年の全体売上 782億ウォンと比べると、非常に高い数値となっている。

「リネージュ レッドナイツ」 と 「ファイナルブレード」 などの新作が、
モバイルゲーム部門の実績を牽引したと思われる。


去年 12月にサービスを開始したモバイル RPG 「リネージュ レッドナイツ」 は、
サービス開始直後、Google Play store と Apple App store において、最高売上 1位を記録した人気作だ。

また、モバイル RPG ファイナルブレード は、NCsoft のパブリッシング作品で、
去る 2月にサービスが開始された後、Google と Apple 両ストアでそれぞれ売上 2位と 3位を記録、
話題になった事がある。


さらに、1分期の IP ロイヤルティ売上は、635億ウォンを記録した。
去年全体のロイヤルティ売上が 1221億ウォンだった事と比べたら、期待以上の成果だ。
この結果は、ネットマーブルゲームズの 「リネージュ2 レボリューション」 と、
中国 IP 提携ゲームの興行が、影響を及ぼしたと見られる。


「リネージュ2 レボリューション」 は、去年 12月にサービスを開始、
その後の 1ヶ月で約 2000億ウォンの売上を記録した大作だ。

このゲームはサービス開始 3ヶ月後、売上 5000億ウォンを突破したと伝えられて、
現在 韓国 Google と Apple 両ストアの売上 1位を維持している。



●そろそろバトンは次期作品へと移る

NCsoft は期待作として数えられているモバイル MMORPG 「リネージュM」 を、
韓国で 6月にサービスする予定だ。

PC オンラインゲーム 「リネージュ1」 をモバイル機器に最適化した リネージュM は、
事前予約だけで 300万人を突破、興行の可能性を高めている状態だ。

NCsoft 側は来る 16日、メディア懇談会を通じて、
リネージュM の詳細コンテンツとサービス開始日を公開する。


引き続き、「アイオン レギオンズ」,「ブレイドアンドソウル モバイル」 の他、
パブリッシング新作もサービスする予定だ。
この中、アイオン レギオンズは、韓国では無く、グローバル市場で先にサービスを開始すると伝えられた。
また、ブレイドアンドソウル モバイルは、中国版とは異なる内容だとも伝えられた。


PC オンラインゲームの場合、「リネージュ エターナル」 のサービス開始が準備されている。
去年のテストを通じて一応合格点を受けたリネージュ エターナルは、年内に追加テストを進行した後、
正式サービス日程が確定されるように見える。


NCsoft のユンゼス最高財務責任者(CFO)は、1分期実績発表カンファレンスコールにおいて、
「モバイルゲーム事業部門は順調な出発をした。
 自社オンラインゲームの影響力を、モバイルで今後も拡大する。

 今回の リネージュM サービス開始と共に、モバイルゲーム部門の跳躍を本格化させる予定だ。
 原作の感性を付与した リネージュM が、成果を得る事を期待する。

 また、ブレイドアンドソウル VR など、次世代技術の導入も試みている。
 これはグローバル市場で飛躍する為の試みであり、他にも多様な試みをする計画がある。
 次世代技術分野に先立つ様にして、市場の期待に応じたい」 とコメントした。​

投稿者 (む) : 2017年5月13日 12:00

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまでそのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る