KADOKAWA のサイトがトロイの木馬ウイルスに感染
●他サイトヘッドライン
« 1月 15日(水)ライブサーバーアップデート案内 | トップページ | 韓国ゲーム中毒法、2月国会で再燃するか?保健福祉部が支援 »

2014年1月17日

KADOKAWA のサイトがトロイの木馬ウイルスに感染 [ パソコン関連 ]

ゲームや出版でお馴染み KADOKAWA のサイトが何者かに侵入され、
見ただけで感染するウイルスを仕込まれていた模様です。

マルウェア送り込むiframeを仕込まれていたのはKADOKAWAのサイト、同社が謝罪(impress)
KADOKAWAの公式サイトが改ざん 閲覧者がマルウェア感染の恐れ(ITmedia)

ウイルスは Java や Flash、WindowsUpdate の脆弱性が
修正されていない PC を狙って発動するタイプのもので、
感染が確認されたのは 2014年 1月 6日15時頃。
問題が修正されたのは 2014年 1月 9日夕方以降との事で、
この期間に KADOKAWA のサイトを見た方は注意が必要です。

なお、このウイルスの名前は 「Infostealer.Torpplar」 との事。
Infostealer.Torpplar(シマンテック)

気になる方はオンラインスキャンを通じて調べて見ると良いでしょう。

カスペルスキー セキュリティ スキャン(カスペルスキー)
F-Secure ONLINE SCANNER(F-Secure)



投稿者 (む) : 2014年1月17日 07:26

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまでそのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る