ブリザード World of Warcraft(WoW) BOTとの訴訟に勝利
●他サイトヘッドライン
« リネージュ2 商用化 5周年記念イベント案内 | トップページ | 10月 1日(水) アップデート案内 »

2008年10月 2日

ブリザード World of Warcraft(WoW) BOTとの訴訟に勝利 [ 情報・ニュース等 , 海外ゲーム情報 ]  

ブリザードが自動狩りプログラム(BOT)開発会社に強力に対応、
大々的な勝利を納めた。

去る 7月、訴訟に入った 「MMOグライダー」 というBOTプログラムに対して
アメリカ合衆国アリゾナ地方法院のデビットキャンベル判事は、
「MMOグライダー」がWOWの約款を破ったとし、それによる損害賠償として
ブリザードに 6百万ドル(約6億3千万円)を支払う事を宣告した。

gamespot





MDYで開発、及び、販売した 「グライダー」 は、現在 25ドルで販売にされており、
少なくとも 10万枚以上が販売されたと集計されている。
すなわち MDYは今回の裁判で、最小収入の約 2倍に達する金額が下され、
回生可否が不透明になったのだ。

損害賠賞金の金額に対しては、
「単純に販売された数字よりその倍以上の被害を被った」 とブリザード側は力強く主張した。

今回の勝利によって、この様な訴訟はもっと増える事と予想される。

投稿者 (む) : 2008年10月 2日 14:31

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :: 2008年10月 2日 16:12 ID: ilnNHElE [RES]

さすがブリザード。
ファビョるだけの企業とは違うわ。

これでNCも動きやすくなったんじゃないか?


2 :匿名: 2008年10月 2日 18:16 ID: qRFirjF2 [RES]

これを期にNCや他のMMO会社もBOT撲滅に力を入れてくるでしょうね。


真面目にゲームを楽しんでいる人には大いな期待と希望が生まれ。
自分に非のある者にとっては激しい絶望と恐怖。
いつBANされるか分からないと言う不安と後悔に苛まれる事でしょう。


どうやら、ここから先のMMOがいよいよユーザーの望んでいた理想世界と化す時が来たようです。

来年は業者やRMTerに長年に渡って溜まり続けた「みんなの恨み」をブチマケル事が出来そうで・・・、オラわくわくしてきたぞ!(`・ω・´)9


そう言えば話は変わりますが、昨日のGAMEGARDのアップデートでBOTがイン出来なくなったって話があったけど。

実際の所はどうなんでしょう?減ってるんすかね?


3 :匿名: 2008年10月 2日 19:35 ID: k4OBrmbM [RES]

>そう言えば話は変わりますが、昨日のGAMEGARDのアップデートでBOTがイン出来なくなったって話があったけど。

ver2.06で対応されたと掲示板に書き込みがあった。
いたちごっこだねぇ。


4 :G: 2008年10月 2日 20:25 ID: ilnNHElE [RES]

GAMEGARDの小アップデートを5~10分にランダムで一度行われればいいのに。
強力なアップデートを3時間に一度。

GAMEGARDを24時間体制の交代制で運営すればいいんだよ。


5 :匿名: 2008年10月 2日 21:02 ID: PpoUgSg2 [RES]

普通にNCJがしっかりすれば言いだけなんだよな
でもWoWはアメリカ産だよね
韓国自体がBOTの国だから
もうBOT予防出来ないかもね
特に最近のNCJのBOT対策のやる気の無さにはどうしようもない
ネクカタのBOTも喜び放題だし
MPKすら出来なくなっているのが意味わかんね
MPKぐらいさせろよって思う
仕様でBOTMPK擁護されるとは思わなかったよ


6 :匿名: 2008年10月 2日 22:50 ID: eIK6vDos [RES]

リネ2のBOTも高性能化で高コストになってるはずなのにまだ採算あうんかねぇ。
さっさと消えてほしいけど、会話もどきまでしてくるからBANしにくそうだよな。


7 :匿名: 2008年10月 3日 00:20 ID: SzVpIpJY [RES]

NCの社員自体BOTみたいなもんやからなぁ…


8 :匿名: 2008年10月 3日 01:45 ID: A95BD6Mw [RES]

リネ2のBOTは中国産の、正体もわからない、
キチンと会社にしてないようなやつらが開発元だから
訴訟とかまずムリでしょう


9 :アデンの名無し: 2008年10月 3日 12:45 ID: VOmrbrLk [RES]

この裁判の問題は、そのBOTツールを開発した会社(?)が裁判に出席してないの
つまりツール開発元として名前だけでてて被告がどこの誰かわからないまま裁判して
そのまま判決がでた
なので損害賠償とやらもどこのだれに請求するのかまったくわからない
アメリカの裁判、というか司法制度のオモロイとこですな
似たような例で1980年代にユダヤ人がエジプトへ奴隷として連れていかれそうなとき
神が助けなかったのは職務怠慢だとかで、神を訴えて勝訴
神に何百万ドルだかの損害賠償の支払いを命じたというオモロイのもあったw


10 :匿名: 2008年10月 3日 15:30 ID: sKvPGzLo [RES]

これを例にとって、BOT使用者、BOT容認企業にユーザが訴訟するという手もあるんじゃないかな?

そもそも、登録情報に虚偽の事実があってはいけないと、規約に記してあるのに、
それを確認せず、BOTアカウントを増殖させているというのも、問題がある。

もしくは、NCの株主総会などで、議題を出すという手もあります。

ユーザの声は、ないがしろにしたとしても、法的処置や、株主の言うことには従わないと、会社がなりたたないでしょうから、団結してやってみるというのもあるのかもしれません。

その前に有志を集めないといけないという難点はありますが・・・。


11 :asdf: 2008年10月 3日 21:09 ID: 2ylo/nOw [RES]

株主の意見は絶大だよw

マジで会社の方向性とは真逆の意見でも内容次第では従わないと行けないからね

でもNCJはどうせNCの会長か一族が大株主だろうから
意見して議題に上がっても数字だけの結果を見せて終わるだろうな
「こんだけうちらはがんばりました!」ってね


12 :匿名: 2008年10月 4日 12:14 ID: ron7JpMQ [RES]

他の日本産のMMOにも同じ事言ってきて。


13 :匿名: 2008年10月 4日 20:39 ID: .vWxbs3o [RES]

>他の日本産のMMOにも同じ事言ってきて
FF11とかは比較にならないほどかなり頑張っているわけだが・・・


14 :匿名: 2008年10月 5日 08:22 ID: 06x8bc.6 [RES]

>>13
実際にゲームやって見てのご感想?
公式見ただけとかなら論外だよ。


15 :匿名: 2008年10月 7日 15:36 ID: AcwuoWtY [RES]

RMTでアデナを買う側を徹底的につぶさないと撲滅できんよ。
BOTはゴキブリと同じだから、BOT自体をつぶすことも必要だけど
大本の顧客の方をつぶさなくちゃ。


16 :匿名: 2008年10月 8日 13:10 ID: BcPu4cbU [RES]

>>14
FFXIの功績はRMTで買った側も処罰してること
これをしっかり続ければ買う側がいなくなりRMTは減っていく(予定)